• ホーム
  • 血圧は毎日測ることで病気を防げる

血圧は毎日測ることで病気を防げる

血圧を測定される女の人

血圧は高すぎても低すぎても問題があると言われていますが、特に体に対しての影響が大きいのは高血圧の場合です。
これ自体が生活習慣病であり、重篤な症状を引き起こす合併症のリスクファクターとしても認定されています。
そのためまずは、これにならないことを心がけ、もしなってしまった場合には、症状を進行させないよう、速やかに医療機関を受診することが求められます。
しかしここで勘違いしてはいけないのは、たまたま計測した値が高かったからと言って即、高血圧と診断されるわけではないと言うことです。

高血圧とは、常時、血管に高い圧力がかかっている様態を指しています。
そしてまた血圧の値は、計測する時間帯や場所、その時の個人の状態によって大きく変動することも決して珍しくはありません。
たとえば医療機関で計測した場合には、お医者さんの姿に緊張して、平時より高い値が出やすい傾向にあると言うことは医療的にも認められていることです。
ですから、自分が本当に高血圧にあるのかどうか、たまたまではなく常時、血圧が高い状態になってしまっているのかどうかを正しく見極めるためには、毎日、計測することが必要です。
加えて可能であれば、毎日、決まった時間に、決まった体勢で計測することが望ましいです。

具体的には、朝の場合は起床後1時間以内、排尿後、服薬前、朝食前の安静時、座位1~2分後に計測することが、夜の場合は就寝前の安静時、座位1~2分後の計測が望ましいとされています。
そして朝夜の、任意の期間の平均値と標準偏差、データのばらつき具合を見ることで、はじめて自分の血圧の状態が常時、高くあるのか、低くあるのかを判断することができると言うわけです。
そうすれば、異常を初期の段階で発見することができ、重篤な病気につながるのを防ぐことも可能となります。

関連記事